【レビュー】ベルロイ『Note Sleeve Wallet』圧倒的に使いやすい薄い財布を紹介!

f:id:luck-life:20190130224740j:plain

この記事ではベルロイの薄い財布『ノートスリーブウォレット』の購入を考えている方に、参考になる収納や機能性を写真付きで細かく紹介していきます。

 

まずはベルロイの財布の特徴から。 

・オーストラリア発の革小物ブランド

・最小限のパーツと最高級の牛皮革や羊革

・工芸品の様なクラシックで魅力的なデザイン。

・カード間の革を削除にてより財布をスリム化。

・縦10.3cm×横9cm×厚さ1cmと非常にコンパクト。

・札入れ、小銭入れ、カード収納あり。

 

「世の中を身軽に動き回れるようにする」必要な物以外は持ち歩かないコンセプトは、ミニマリストに人気な理由の一つでもあります。

ベルロイの薄い財布『Note Sleeve Wallet(ノートスリーブウォレット)』レビュー

 

まずは二つ折りを開いた写真がこちら。 

f:id:luck-life:20171121165912j:plain

カード入れが左に1つ、右に2つと左側にプルタブ付きのカード入れのポケットあり

財布の中央にある茶色の部分がプルタブになっていて、引っ張るとポケットに入れたカードを簡単に取り出せる便利な機能となっています。

ここにはカード5枚程度が入るので、自分は運転免許証と健康保険証を収納しています。

財布全体でカード10枚程度が収納可能ですが、枚数が増えれば厚さも増していくので7枚以上カードを持ち運ぶ人だと厳しいかと思われます。

自分は左のカード入れにクレジットカード、右のカード入れは空き状態になっています。

 

実はまだ収納が隠れています。

f:id:luck-life:20171121172853j:plain

財布の右裏にカード入れが1つ。ここには交通系ICカードを収納すると非常に便利です。

左側の楽天カードでEdy、右側で交通系ICカード利用と左右で電子マネーを分けて利用中。

ただしスキミング防止の「RFIDモデル」を購入してしまうと財布に入れたままでは電子マネーが利用できなくなるので注意してください!

札入れに関しては1万円札が取り出しにくいと言う声もありますが、自分的には問題なし。

ちょうど1万円札が入る程度のサイズに作られているので、ゆったりお札を収納したい人にはそう感じるかもしれませんね。

 

そして次は小銭。ここに関しては気になる人も多いかと思うんですが、まずは写真から。 

f:id:luck-life:20171121174313j:plain

さっきの交通系ICカードを入れているカード入れの正面に小銭入れがあります。

ジッパーやボタンはついていなくて、コインが飛び出さないようにフタがついています

このフタを開いたらこうなります。 

f:id:luck-life:20171121174822j:plain

小銭は1度入れたら全て取り出して見てみないと中身を確認する事は出来ません。更にたくさん入れてしまうと財布の形が崩れてしまいます。

なので現金支払いが多くて小銭を多く持つ人には、この財布は正直おすすめできません。

小銭入れはあくまでも一時保管のイメージ。

常に多くの小銭を持ち歩く方は別の財布を選択した方が無難です。

もちろん財布の形が崩れても良ければある程度の小銭は持ち歩く事ができるのですが、小銭入れとして使いやすい訳ではないので避けた方が賢明です。

 

ベルロイの薄い財布『Note Sleeve Wallet(ノートスリーブウォレット)』レビューまとめ

 

・小さくて薄い財布として最適。

・色の種類が豊富なので好みに合わせられる。

・品質に拘りがある人でも納得できる。

・財布に入れたまま電子マネーを利用したいなら「RFIDモデル」以外を購入する。

・クレカと電子マネー中心の人におすすめ。

・現金払いの人にはおすすめできない。

・カードが10枚以上の人にもおすすめできない。

 

キャッシュレス派の人であれば、最高に満足できる財布になっています

 

 

その他のおすすめ記事はこちら 

www.luck-lifestyle.com

www.luck-lifestyle.com

www.luck-lifestyle.com

 

以上「ベルロイの薄い財布『Note Sleeve Wallet(ノートスリーブウォレット)』レビュー」でした。ではでは、おしまい。

プライバシーポリシー