自分のルーツを辿りたい。気になる家系図の作り方を調べてみました。

f:id:luck-life:20190121231358j:plain

自分のルーツが最近気になる。

 

どんな血筋なのか知りたい。

どんな仕事をしていたのか?

何処に住んでたのか?

 

一般的にはどこまで知ってるのが普通なのかな?

ちなみに我が家は殆ど親戚付き合いが無いので、自分は祖父母までしか知らない。

 

これって凄く不思議な話だと思いません? 

 

両親の祖父母、祖父母の両親を名前すら知らない。

たかだか3代前なのにわからない。

 

思い返せば「ドラゴンボールGT」の最終回で悟空とベジータの子孫が天下一武道会で戦うシーンがありました。確かアニメの中では100年?後位の設定。

当時は「なんで知り合いじゃないんだろう」と思ってたけど、今考えると当たり前の話かも。

 

話を戻して。

 

この記事ではそんな自分のルーツを辿る為の家系図の作成方法について紹介していきます!

家系図を作る方法は簡単だけど難しい

 

家系図の作成方法自体は至って簡単。

戸籍・除籍謄本の取り寄せを繰り返すだけ。

両親、祖父母、曽祖父母と追っていくわけです。

 

こう書くと簡単なんですけどね。

父方、母方の両方の本籍地を調べて申請を繰り返すという事なので、これは正直かなり面倒くさい!

恐らく途方もない時間がかかる予感がします。。

これは我が一族で既に家系図を作成している事を期待するしかない!まずは父親から情報収集です!

 

なんて言ってみたものの。

結果は当然の如く『不明』です。

 

恐らくそうだろうなとは予測してました。

これは誰かが重い腰を上げて作成するしかない。

後世に我が一族の家系図を残すわけです!

 

お前を知っても子孫にいい事ない気がするけど。

父親から頂いた的確な意見はスルー。

 

だって時間と労力さえかければ自分のルーツはわかるわけだし、場合によっては江戸時代後期位までなら辿る事もできるんですよ?

これはかなり魅力的だし引き継がれた子孫も涙を流して喜ぶのは間違いないですよね?

問題は時間と作業量ですけど、実は代行業者もいるみたいなので任せてしまうのが楽かも!

結構料金はかかりそうな気もしますけどね!

 

もう家系図は子孫に残すみたいな法律欲しい。

しかも名前だけじゃなくて人生紹介付きのやつ。

 

自分の子供、孫、ひ孫と受け継がれていく家系図。

そう考えていくと何だか凄く不思議な気持ちになりますけど、いつかは必ず作成します!

 

その他のおすすめ記事はこちら 

www.luck-lifestyle.com

www.luck-lifestyle.com

 

ではでは、おしまい。

プライバシーポリシー