必ずブログのアクセス数を増やす記事タイトル。それは『パパイヤ鈴木になる5つの方法』

 

えーと。パパイヤ鈴木って知ってます?

ダンサー?振付師?タレント?俳優?ダイエットの人?現在は?今なにしてんの?ってこんなイメージかな。うん大体そんな感じであってると思う。

そんでそれがどうしたかって話なんだけど。

 

別にどうもしないんだよね。

 

はい?まさに意味不明。

書いてる自分も良く分かってないかも。でも一応この記事の流れを簡単に説明したいと思う。本当に誰の得にもならないから、ここでこの記事を閉じてもなんの問題もないし、むしろ読み切ったら時間を失ってマイナスになる事は間違いない。

 

まず最初に今までに「パパイヤ期」についての記事を2つ書いたことがありました。ちなみにパパイヤ期って子供がパパを嫌になる時期って意味で、その記事がこちら。

 

www.luck-lifestyle.com

www.luck-lifestyle.com

 

個人的に結構好きな記事。いや子供にめちゃくちゃ嫌がられてた時は全然楽しくはなかったけどね。なんか子育てのブログ書いてるとかイケメンみたいな感じでなんだかムズムズする。やっぱり今の時代の男は子育てに積極的に関与するイケメンがもてはやされる時代だし!イケメン万歳!!

あ、別に書き間違えてるわけとかじゃないから訂正はしないし。

 

ここまでは普通にこんな記事を書いて気に入ってるんだよね!って話で終わりなんだけど、実はこの2記事がまあ、見られない。もう全然アクセスない。びっくりするくらい見られない。

今確認したら1つ目の記事なんて4PVだった。今日の話じゃなくて今月4PV。逆に凄くないこれ??って話を嫁にしたんだよね。

そしたら「誰もパパイヤ期では検索しないんじゃない?」って回答が返ってきたから、「なんてタイトルにすれば良かったかなあ」って聞いてみた。嫁はそれにいとも簡単に答えた。それが・・・。

 

「パパイヤ鈴木になる5つの方法」

 

正直すごいと思った。脱帽した。心奪われた。

やっぱり長年の付き合いがあるからか、俺が面白いと感じるワードを巧みに盛り込んでくる。多分このタイトルを見たら俺ならノンストップでクリックするのは間違いない。

思わずタイトルを見るだけでニタニタしてしまう。もしかしたら独自の感性で誰にも伝わらないかもしれないんだけど。そしてさらに嫁は続ける。

 

「このタイトルにしたらバズるよ」

 

正直すごいと思った。脱帽した。心奪われた。

ついこないだまでバズるの意味も知らなかったのに、堂々と言い切る胆力。あたかもそれが事実であるかの如く感じさせる力強い発言。

とりあえず「愛してるよ」ってかえしといた。

 

「気持ち悪い」

 

正直すごいと思った。脱帽した。心奪われた。

でも本当にバズるかもしれない。試してみたい欲求はとどまる事を知らない時間の中で膨れ上がっていく。しかし「パパイヤ鈴木になる5つの方法」というタイトルにしたのであれば、別になりたくもないパパイヤ鈴木になるための方法を必死で5個も考えなければいけない。これはなかなかの苦行だ。もしかしたら単なる嫌がらせで嘘の可能性も否定できない。

ただ試してみない事には嘘か真実かもわからない。まずは挑戦する事、これが人生において最も難しく、そして重要なことだと聞いた様な気がする。たぶん。

 

ってなわけで、この記事を書いています。説明はここで終わり。そしてここからは今回の記事のメインディッシュである「パパイヤ鈴木になる5つの方法」の紹介です!

パパイヤ鈴木になる5つの方法

 

1、ダイエットして痩せる

 

2、振り付けとか考えて教える

 

3、髪の毛アフロにする。

 

4、オヤジとダンサーチーム組む

 

5、家族で沖縄に移住する

 

おわり。

 

プライバシーポリシー