【2018年版】完全ワイヤレスイヤホン(Bluetoothイヤホン )人気おすすめモデル特集【コスパ重視・性能重視】

 【2018/5/12更新】

完全ワイヤレスイヤホン。

左右のイヤホンが独立しており、ケーブルを完全に取り払ったイヤホン。2年程前にその姿を現わせてからどんどん進化を続けています。

 

なにしろ従来のBluetoothイヤホンの様に左右のイヤホンをつなぐケーブルがないので、煩わしさからの解放感が堪らない。ミニマリストにもおすすめ。

個人的には『線』が嫌いなので、全ての家電製品が無線で利用できる様になって欲しいと思ってます。なのでワイヤレス給電技術が発達して全ての家電製品から電源コードが無くなる日を夢見てます。

ただ完全ワイヤレスイヤホンはそこそこ値段がする物が多いので、コスパも含めて購入する時は結構悩んでしまいます。2000~3000円程度の格安モデルもあれば3万円前後の高性能なものまでありますしね。

 

そんなわけで。

 

今回は2018年おすすめの完全ワイヤレスイヤホン(Bluetoothイヤホンをコスパ重視、性能重視あわせて紹介していきます!

完全ワイヤレスイヤホンとは?

 

まずは完全ワイヤレスイヤホンのおすすめを紹介する前に簡単に説明からしていきます。

 

『トゥルーワイヤレスイヤホン』とも呼ばれる完全ワイヤレスイヤホン。その名の通り左右のイヤホンが完全に独立しており『左右分離型』『左右独立型』なんて呼び方もされています。

今最も注目を集めている話題のイヤホンでもあり、今後主流になっていくのは間違いないかと思われます。現に国内外のオーディオメーカー各社から完全ワイヤレスイヤホンの新製品は続々と発表されています。

 

でも完全ワイヤレスイヤホンは一体何が優れているのか?そして従来のワイヤレスイヤホンとは何が違うのか?は気になる所。

 

最大のメリットであり特徴なのはやはり『完全なワイヤレス』であること。『ケーブル』の煩わしさがないのでストレスになりませんし、アクティブに動くことができます。軽量で持ち運びも容易ですので、邪魔にもなりません。

 

デメリットとしてはやはり通常のワイヤレスイヤホンと比較すると値段が高くバッテリー駆動時間が短いものが多いです。ただ急速充電などに対応しているイヤホンも多いので、使用用途に合わせてしっかり確認することが必要です。

後は魅力でもあるケーブルレス、軽量で持ち運びしやすい部分が影響し紛失しやすいという側面もあります。やはりある程度の値段はしてしまうので、物をよく失くしてしまう方は気を付けないと危ないかもしれませんので注意しましょう。

 

でもそんなデメリットを上回る快適さは魅力的。

一度利用してみたら戻ってこれなくなる事は保証します!

 

完全ワイヤレスイヤホン(Bluetoothイヤホン )の人気おすすめモデル

 

【Apple】AirPods

 

iPhoneユーザー必見!!

完全ワイヤレスマウスの先駆けとも言える大人気モデル。既に発売から1年以上経過するもその人気は衰えず、Appleユーザーからの支持は絶大。iPhone、Apple Watch、iPad、MacのAppleデバイスでの音楽鑑賞を快適にすること間違いないイヤホン。

 

充電ケースから取り出して、iPhoneなどのAppleデバイスに近づければワンタップで接続完了。そして耳に付けるだけでON、外すとOFFと操作性も抜群

 

更にどちらかのAirPodをダブルタップすれば、Siriが起動するのでプレイリストの再生や音量操作、電話を掛ける事が可能となります。いちいちiPhoneを取り出す必要もありません。連続再生時間は5時間となっており、充電ケースで複数回充電が可能なので合計24時間以上の再生も可能です。付属ケース利用で15分で3時間分の急速充電に対応しているのも嬉しいところ。

iPhoneユーザーには全力でおすすめしたい製品!!

 

 

【SONY】WF-1000X

 

SONY初の完全ワイヤレスイヤホン。

全体的にバランスの良い音質で音量を上げても心地よく聴くことができます。

 

特徴としてノイズキャンセリング機能や「アンビエントサウンドモード」と呼ばれる左右に内蔵されているマイクにより、周囲の音を聞き取りやすくし周囲の音を確認しながら音楽を楽しめる機能を搭載しており、状況に合わせた利用が可能。

 

付属されている2種類の硬度のシリコンゴムに独自開発のシリコンフォーム素材を組み合わせた「トリプルコンフォートイヤーピース」も装着感抜群。その柔らかさと高い遮音性はかなり魅力的ですね。ちなみに水洗い可能なので清潔感もバッチリ。

音楽視聴メインの方におすすめです!!

 

 

【Bose】SoundSport Free wireless headphones

 

Bose初の完全ワイヤレスイヤホン。

 

独自のデジタル信号処理、音量に合わせて最適化するイコライザー、独自の音響設計によって、クリアでバランスのとれた迫力のサウンドが実現されています。

他製品と比較して音質的にはワンランク上の実力あり。

 

防滴仕様なので突然の雨や運動中の汗も問題ありません。円錐形のノズルにより耳にやさしくフィットし、独自のウィングによる安定した装着感。外れにくく長時間の利用に適してます。更に万が一紛失しても『Bose Connectアプリ』で紛失したヘッドホンの場所を特定できるので安心。もちろん失くさないのが1番ですけどね!

1度の充電で最大5時間の連続再生可能。ケースをフル充電する事で2回分の充電ができるので、合計すると約15時間の再生が可能となってます。ちなみに15分間の急速充電で45分間の使用ができる機能あり。

予算に問題なければこの製品で決まりです!

 

 

 

【ONKYO】W800BT

 

安定のオンキヨー

早くから完全ワイヤレスイヤホンを発売していた老舗音響メーカー。

 

6Hz~22kHzの再生周波数帯域を持つ8.6mmダイナミック・ドライバーにより、厚みのある低音が魅力的。更に外部からの雑音を遮り、クリアで正確な音質再生を可能にする密閉型構造。発売から1年以上経過するも根強い人気を誇っています。

 

スタビライザーの採用により、しっかりと耳にフィットするので長時間の利用でもぐらつきなし。疲れにくい着け心地ですね。充電ケースのフタを閉じたままでバッテリー残量が分かるなど、細かい部分に気配りが感じられて個人的に好きな製品。

最新モデルではないので値段も下降気味。今がおすすめかも。

 

 

【B&O Play】Beoplay E8

 

B&O PLAY初の完全ワイヤレスイヤホン。

 

独自設計の5.7mmダイナミックドライバーを搭載、落ち着きあるサウンドを実現。

人間の耳の形やカーブの研究を重ねデザインされていて、あらゆる形やサイズの耳にフィットする仕組み。『NFMI (Near-Field Magnetic Induction)』通信を採用する事で、安定した接続性が実現されています。連続再生は4時間。充電ケースで2回分の充電が可能。 

価格は約3万円前後となっています。この金額だと他機種も選び放題なので少し押され気味。但し総合的にまとまりのある評価が高いモデルではあるので、最終的には好みですね。

 

 

【ERATO】VERSE

 

『Apollo7』を受け継ぐ人気イヤホン。

世界最小クラスのサイズと高音質を実現した大人気モデル『Apollo7』の設計思想を受け継ぎ、多くの高音質技術を投入しながらも半額以下の価格を実現したカジュアルモデル。

 

独自開発した「GrapheneDriver(グラフェンドライバー)」を採用、更に培ってきた独自のチューニングにて全ての音域でクリアでダイナミックなサウンドの再現を実現しています。

 

イヤーチップの先端が360度動くので、耳に挿し込んだときに奥までしっかりと入っていきます。防水性能もあるため運動中の利用にも問題ありません。個人的な話ですがこのデザインは非常に好きですね。

値段も手頃でコスパ良し。おすすめです!

 

 

【Anker】Zolo Liberty

 

コスパ重視の方におすすめ!!

モバイルバッテリーで有名な「Anker」の完全ワイヤレスイヤホン。最大3.5時間の連続再生可能、さらに充電ケースの利用で最大24時間まで使用可能となります。一度接続すると充電ケースから取り出すたびに自動で接続、充電ケースに戻せば接続を解除してくれます。IPX5防水規格対応なので運動、雨の日も安心して利用可能です。

 

この製品Amazonで7,999円で販売されています。

 

しかもこの価格帯の音質としては驚くべき性能を備えてます。初めて完全ワイヤレスイヤホンを購入するけど1万円以上は出したくない。でもあまりにも安い製品だと性能や長期間利用できるか気になってしまう。なので中々決まらない。

そんな方はこちらを買っておけば大丈夫です!!

 

 

 

【Anker】Zolo Liberty+

 

Zolo Libertyの上位モデル。

先ほど紹介した「Zolo Liberty 」の上位機種になります。価格は14,980円と約2倍に上昇。もちろんその分の性能はアップグレードされています。

まず3.5時間の音楽再生が可能な所は変わりませんが、付属の充電ケースを合わせて使えば最大48時間使用する事ができる様になりました。さらに『周囲音取込み機能』が追加され周囲の音を取り込んだり、遮断したりと切り替える事ができる機能がプラス。

 

個人的にはこの価格なら『VERSE 』と迷う所。ただし長時間利用したい方は悩むまでもなくこちらの製品で間違いないです!

 

 

【NuForce】BE Free8

 

アメリカの老舗オーディオメーカー。

 『NuForce』が完全ワイヤレスタイプ最高の音質を目指して開発したイヤホン。

 

本体4時間、充電ケースで3回充電可能なので合計16時間再生可能。IPX5準拠の防水機能も備わっています。音質も全体的に迫力ありバランス良く、原音に近い音楽を楽しめます。ただ本体が大きめなので好みは分かれると思われる製品。

最高の音質を目指しただけあって、音質的な評価が高く意外とコスパ良し。

 

 

【Jaybird】RUN 

 

JayBird初の完全ワイヤレスイヤホン。

名前の通りランニングなどスポーツ中の利用を考えられている製品で、防汗&耐水というタフネスモデル。好きなだけ汗をかき、雨が降っても泥にまみれても問題ありません。耐水よりもさらに厳しい防汗処理済なので常にスポーツに集中できます。

本体で4時間、充電ケースによりさらに8時間の音楽再生が可能。更に5分の充電で、約1時間再生可能な急速充電にも対応しているのも魅力的。注意点としては運動中の利用がメインでは無い場合は、この製品を選択する意味はあまり無いです。

スポーツ専用のイヤホンが欲しい!という方におすすめです!

 

 

【Jabra】Elite 65t

 

ジャブラによる最高級の通話とオーディオ品質。 

完全ワイヤレスイヤホンとは思えない通話品質が魅力。4つのマイクで通話中に風切音を効果的に低減し、6mm の高性能スピーカーから周囲ノイズを除去したクリアな音声を聴くことができます。更に音楽視聴時は専用アプリに搭載されている高性能イコライザーで自分好みの音質にカスタマイズ可能。

バッテリーは1回の充電で最長5時間利用可能。付属の充電ケースで10時間充電できるため合計最長15時間となります。ちなみにIP55認定で水と埃に対する 2 年間保証付きです。

音楽鑑賞よりも通話利用が多い方におすすめです!

 

 

【TAROME】X3T

 

格安イヤホン希望ならこちら。

この価格にしては音質は良くおすすめな格安イヤホンです。もちろんここまで紹介してきた製品と比べると値段が異なるので差は出てしまいますが、初めて完全ワイヤレスイヤホンを試してみたい方にはまずは入門として良いかも??

 

ただ個人的にはもう少しだけお金を足して「Zolo Liberty 」を購入する事をおすすめはしときます。

 

 

 

完全ワイヤレスイヤホンおすすめまとめ

 

やはり完全に独立しているタイプはケーブルの煩わしさがないのでおすすめです。昔からケーブルが無ければいいのにと思っていたのが、気が付いたら普通に購入できる世の中になっているって本当に素晴らしいですね。

ちなみに自分のおすすめは『Zolo Liberty 』か『VERSE 』になります。そしてもし予算が問題なければ『SoundSport Free wireless headphones』を選んどけば間違いなし。

 

でも最終的には好みの問題なので、自分にあった完全ワイヤレスイヤホンを選んでください。ちなみに自分は通勤中とブログ書いてる時に利用中。

Amazonの定額制音楽聴き放題サービス「Music Unlimited」に加入しているので、活用しないと勿体ない様な気もしますし。ちなみに4000万曲も聴き放題なので加入していない方は是非調べてみてください。30日間なら無料で音楽視聴できます! 

 

 

その他のおすすめ記事はこちら。  

www.luck-lifestyle.com

www.luck-lifestyle.com

 

ではでは、この辺でおしまい。  

プライバシーポリシー