【LINE誤送信】24時間以内ならメッセージを『送信取消』可能に。誤爆は削除で安心できる??

f:id:luck-life:20171213232350j:plain

 

2017年12月13日。先月実装予定と発表があってから心待ちにしていた人もいるのではないかと思いますが、ついに『送信取消』機能が利用開始になりました!

 

LINEアプリを最新バージョンに更新する事でテキストのみならず、スタンプも画像も24時間以内なら送信取消する事が可能。

これで誤送信した場合も相手が見る前にすぐに送信取消してしまえば防ぐ事ができるはず?今まで誤爆で恥ずかしい思いをした事のある人にはかなりの朗報。

あとは誤送信じゃなくても24時間以内のトーク内容で記録から削除したい場合にいいかも。証拠隠滅とか(笑)記録に残るのが結構嫌な会話もありますもんね。

 

でも実際に利用してみて使える機能なのか?2台のandroid端末を利用して検証してみました!

LINE送信取消操作方法と検証

 

まずは利用方法から紹介。

 

1.誤送信や削除したいメッセージの上で長押し。

2.開かれたメニューの中から「送信取消」選択。

3.「送信取り消しますか?」表示で「送信取消」選択。

 

至って簡単な操作なので間違ったらすぐに送信取消できます。後は取消する前に相手が高速で既読にしない事を祈るだけ??

 

と思いきや落とし穴が結構ある。

 

まず3番で表示されるメッセージの全文がこちら。

「友だちが利用中のLINEバージョンによっては、友だちのトークからメッセージが消えないことがあります。送信を取り消しますか?」

そもそも送信先のLINEのバージョンが古い場合にはもちろん適用されないので、送信取消した気分で反映されていない事もあるのは怖い。ただこれは月日が経過すれば送信取消実装後のバージョンに更新されている可能性は高くなるので今だけの話かもしれない。

 

 

 

次に送信を取り消した側のトーク履歴には「メッセージの送信を取り消しました」と表示される。これは全く問題ないんだけど、相手側にもメッセージが表示されてしまう仕様になっている。そのメッセージがこちら。

「〇〇がメッセージの送信を取り消しました」

もうバレバレ。逆に自分にこのメッセージが表示されたら気になりますよね。送信取消機能なのであれば送ったこと自体を無効にして欲しいので、相手方のトーク履歴には何も表示してほしくないというのが本音です。

 

そして最後に大きな問題点が一つ。

これは送信取消機能としては致命的な問題です。

それは何かといいますと・・・。

 

LINEの通知は消えない。

 

トーク履歴からは確りと削除されているんですが、LINEを受信した際の通知は残ったままになります。なので通知を確認すると短い文章なら全て見ることが可能です。

すぐに既読にせずに通知でメッセージ確認する人なんかも多いと思うので、これはかなりの問題点だと感じます。流石にこの部分を改善しないと送信取消機能としては意味がない様な気が・・・。但しiPhone同士だと通知が消えたなんて検証もネット上にはありましたけど実際はどうなのか??

 

とりあえずの検証結果としては現時点ではあまり使えない機能と判断させてもらいます。今後の更新内容に期待です。

 

ではでは、検証終了にておしまい。

 

プライバシーポリシー