【アヴァルト】光永康則によるダークファンタジー漫画が全6巻で完結【衝撃の結末】※ネタバレ注意

 

怪物を支配する王族達の戦いを描いた漫画「怪物王女」で有名な光永康則のダークファンタジー漫画「アヴァルト」が全6巻で完結!!

ダークファンタジーとは言うものの、SF要素も盛り込まれた設定で読んだ人を惹き込んでいく。個人的にはそこまでダークって印象はなかったです。

 

読んだ事がまだない人の為に簡単にあらすじを説明。

主人公は宇宙飛行士で宇宙船で冷凍睡眠から1万年ぶりに蘇生される。しかし他に6名いた乗務員は5名が行方不明で1名がゲームをしたままミイラ化。地球と交信を試みるも1万年の間で地球の文明は滅びている様で全く返答無し。

詳しく調査すると人類は僅かながら存在しているが、文明は産業革命以前まで後退しており以前の地球の文明の痕跡は全く見つからない。

 

「1万年の間に一体何があったのか?」

 

はじまりはこんな感じ。そしてここからの設定が面白い。

ミイラ化してた乗務員がプレイしてたゲームはMMORPGで1万年間稼働し続けてる。そのゲーム画面と現在の地球が完全に一致する事が判明!

地球に調査に行きたいんだけど宇宙船を着陸させる設備もないからそれはできない。ただそのゲームを主人公も遊んだことがあって1万年前にアカウントを作成済み。

ちなみにこの漫画の設定では意識が完全にゲームのキャラに入って自由に行動できる設定。但し長時間ゲームしてると本体が衰弱しちゃうから、その辺はうまくやらないといけない。

 

そんな感じでMMOのアカウントにログイン。

するとそこはやっぱり地球。

 

そこで街を襲う怪物を倒す「神」を名乗る銀髪の巨人「アヴァルト」と遭遇。彼らは同じ銀髪の人間を攻撃したり街を破壊したりと無茶苦茶してる。

そしてその銀髪の巨人を見ながら主人公は言い放つ。

 

「お前たちはただのNPCだ」

 

そう主人公がゲームやってた時はそれこそ「村人A」みたいなキャラだったみたい。ドラクエで言う「ここは〇〇の町です」って感じの人。

そんな言葉を投げかけても「何言ってるんだ?」みたいな感じで全然伝わらず、主人公に攻撃を仕掛けてくる。ちなみに主人公はカエルのアバターで弱そう。

 

なんだけど。

 

 「俺の方がレベルは上だ」

 

みたいな事を言って攻撃をはじき返して反撃。

いとも簡単に神を名乗る「アヴァルト」の腕を斬り落としちゃう。まあ、斬っても生えてきたので意味は無かったんだけどね。

あ。これは「神」だし正体はピッコロかも。なんてごめんなさい。どうしても言いたかっただけです。

 

そんな感じで主人公はこのMMOを結構やりこんでたみたいで強い。ただ本体は宇宙にいるわけで生きていく為にはそっちも何とかしなきゃいけない。

カエルのアバターで何か食べても本体には還元されない仕組み。ここから宇宙船とゲームでもあり現在の地球でもある世界の2つの場所での謎解きと戦いが始まっていく。

 

こんな感じで連載開始になった「アヴァルト」が完結しました。ここからは完結した感想をできるだけネタバレ少なめに書いてきます。

もしこれから読もうと思ってる人は引き返すのがベスト!! 

 アヴァルト6巻 完結の感想

 

正直な感想としては、惜しい

この一言に尽きる。個人的には6巻で完結とは思っていなくて、もっと話の広がりだったり新たな展開があると思ってた。

もっと面白くなるという期待感が大きかったのでそう思うだけかもしれないけれど。

 

結果として最終巻は「神」を名乗る「アヴァルト」との総戦争。

吸血鬼のキュリアの扱いが酷過ぎて悲しい。他の仲間もあっさりとやられていく。更に宇宙船の本体の方にも「アヴァルト」が現れ絶体絶命の展開。

 

なんだけど。

 

突然、今まで予想もしなかった展開になる。

流石にこれは「マジか!?」って声出た。

本当にそれくらいの結末を最終話にぶち込んできた。こ展開は賛否両論あると思う。たぶん人によっては途中までの面白さを台無しにしたと怒る人もいるかも。

 

自分もこの結末には微妙な気持ちになった。もっと違う展開や結末が見たかったのは否定できない。ただ最終回の感想に個人差はあるとは思うけど、面白かったのは確かな漫画かな。

まだ見てない人は色んな意味で驚きの予想できない最終話に驚くべし!

 

 

ちなみにこの後はまさかの「怪物王女」の新シリーズが連載開始される様なので、好きな人には「アヴァルト」終わって悲しいけど嬉しいみたいになるはず。

もしそんな人がいたらお互い楽しみに待ってましょう!

 

その他の漫画記事はこちら。 

www.luck-lifestyle.com

www.luck-lifestyle.com

www.luck-lifestyle.com

 

ではでは、おしまい。

プライバシーポリシー