誰が何と言おうとシャ乱Qは1990年代の音楽シーンの覇王だった。-独断で決める名曲ランキングー

 

どうも。1980年代生まれのラックです。

今日はあのシャ乱Qの話。

  

え?知らない?好き?嫌い?

まあ人それぞれだよね。

簡単に説明すると1990年代を代表する名バンド。あれだね、モーニング娘。とかハロー!プロジェクトとかのプロデュースしてたつんくがボーカルのバンド。

 

金髪にへの字の細眉毛。見た目は君は魔術士?って感じ。 

当時はまだラックは11歳+18ヶ月劣等感に苛まれる現代の不良になれない少年達にとってパワーソングだったのは間違いない。恋をするだけ無駄なんてシングルベッドためいきをつき「そんなもんだろう」なんて独り言をいう年頃でもあり、いいわけばかり。「すんごいことしたい」なんて言ってはしゃぎ過ぎた夏も最終的にはズルい女やっぱり騙されてただのピエロ。自分だけが思うはまさかの大誤算(笑)そのうち誰かにHey! MR.おぼっちゃんなんて呼ばれてもおかしくないダサさ加減満載の時に「今すぐ逢いたい」とばかりにシャ乱Qに出会ったわけです。

 

疲れた。普通に戻す(笑)

まあ、当時はGLAYとかラルクとかが凄く人気な時代。少なくともシャ乱Qが好きだ!!って公言している人は周りにはいなかったし、特にアピールもしなかった。

 

なので。

 

今ここでシャ乱Qの素晴らしい名曲を紹介しようと思う。

これは俺の好きな曲。世間の評価なんて知らない(笑)

シャ乱Q 名曲ランキング

 

3位 恋をするだけ無駄なんて


シャ乱Q 恋をするだけ無駄なんて PV

 

雨に中君の家の扉たたくけど

泣き声のまま「いないヨ」と叫ぶ。

 

何この名曲?やばくないです?

今発売されたらオリコン1位なんじゃないかな。

うん。たぶんダントツだね。

 

2位 NICE BOY!

 

動画が見つからない!!!!!

これはつんくが踊ってる衝撃作。

 

いくらあってもその心振り向かないんなら

なんの為にこの俺は生まれてきたのか

 

この歌詞マジ惚れそう。そーいや嫁に全く相手にされてないから、こんな感じで生まれてきた理由でも考えてみるのも良いかもね(笑)あはは。

 

1位 Good-bye ダーリン 

 

これも動画が見つけられない!!

 

映画の主役とかただまねをして

現実を無視していたよ

ポケットの折れたタバコに火を付け

おまえの笑顔がよみがえるけれど

煙と同じように消えてゆくね

お前にもらったカセット聞きながら遠回り

Good-bye ダーリン

 

何これ?かっこいい。

ソコニシビレルアコガレル。

アルバム「勝負師」の収録曲。もう20年この曲がシャ乱Qで1番好き。たぶんね、近くのBOOKOFFとかならこのアルバム100円とかで売ってそうな気がする!

もし見つけたらそれ買いですよ。買い。

 

えーと。まとめ。

1990年代の音楽界の中心はシャ乱Qだった。

これだけ覚えてくれればOK!!

あ、反論は受け付けてないので(笑)

 

ではおしまい。

 

プライバシーポリシー