年収300万円のミニマリスト生活+α

年収300万円の既婚子持ち+犬多頭飼いがシンプルライフ目指します。

色んな意味でのカッコイイおすすめ映画ランキング15選

f:id:luck-life:20171002095110j:plain

 

どうも。カッコいい大人になれないラックです。

今日はまたまた映画特集です。これが第5弾!!

 

今回は色んな意味で個人的にカッコイイと思った映画をランキングつけちゃいます。もうね。自分がカッコイイと思った映画はジャンルなんて関係なく無差別でやっちゃう!

だってほら、世の中にはいろんな格好良さがあるわけで!感覚的なもんだから全然説明できないけど!

 

映画ランキングの第1~4弾はこちら。

 

 

じゃあ早速ランキングへGO!!

ラックの感性だけなんで人とは全然違うかも(笑)

かっこいい映画ランキング15

 

15位 ブロウ

実在したアメリカ人の物語である。幼い頃、父親は社長なのにお金がなく貧乏な両親の姿を見て育ったジョージ・ユング(ジョニー・デップ)は、年頃の時、マサチューセッツの田舎から、カリフォルニアという当時の流行の最先端の町へツレと引っ越すのだった。やがて一人の女と出逢い、自分の理想の家族を築くため、裏社会に飛びこんで成功を収めたが、友人の裏切り、家族との別離、逮捕など、波乱に満ちた人生を歩む。

ブロウ (映画) - Wikipedia

 

実在する伝説の麻薬密輸人ジョージ・ユングの半生を描いた映画。100億円くらい稼いだって言われてるみたい。もう桁が違うよね。

ジョニー・デップが20代から50代まで演じてて、若い頃の姿はマジでカッコいい。

 

14位 ア・フュー・グッドメン

キューバにあるグアンタナモ米海軍基地で海兵隊員ウィリアム・T・サンティアゴ一等兵が殺害された。被疑者は同じ部隊のハロルド・W・ドーソン上等兵 とローデン・ダウニー一等兵 。彼らの弁護人に任命されたダニエル・キャフィ(トム・クルーズ)中尉 はハーバード出身だが法廷経験がない。2人が軍隊内の落ちこぼれに対する通称コードR(CODE RED規律を乱す者への暴力的制裁)の遂行を命じられていたことを知る。 キャフィは野球に夢中で、裁判を簡単にすまそうとしていたが、特別弁護人ジョアン・ギャロウェイ少佐 (デミ・ムーア)が司法長官だった父のことも話題にして叱咤。サム・ワインバーグ中尉 (ケヴィン・ポラック) と3人で裁判に臨む。

ア・フュー・グッドメン - Wikipedia

 

初めて見た時期に織田裕二の「正義は勝つ」っていうドラマがフジテレビで放送されてて、「弁護士になる!!」って一瞬だけ夢見た記憶が鮮明。

いや、実際は弁護士なんて口に出しちゃいけないレベルだったんだけどね(笑)最後の法廷の場面は必見!

 

13位 コーヒー&シガレッツ

 

11作品からなるオムニバス映画。基本的にはコーヒー飲んで、煙草を吸って話してるだけの映画。なので「うおーカッコイイ!!」みたいな感じでは全然なくて、なんかこういう雰囲気カッコいいな~って個人的に思う映画。

ちなみに映画館で見たけどあんまり客いなかった記憶。コーヒー飲めないけど、見終わったら何だか飲みたくなる(笑)ゆったりリラックスしながら見てくださいな。

 

12位 ファイト・クラブ

 

ある日、出張中に自宅のコンドミニアムで爆発事故が起こり、買い揃えた家具もブランド衣服もすべてを失ってしまう。家の無くなった僕は、出張途中の機内で知り合った石鹸の行商人タイラー・ダーデン(ブラッド・ピット)に救いの手を求めた。バーで待ちあわせたタイラーは、僕とは正反対の性格で、ユーモアあふれる危険な男だった。タイラーは、バーを出た後、駐車場で僕にある頼みをする。「力いっぱい俺を殴ってくれ」。そして、僕と彼は、ふざけ合いながらも本気の殴り合いを始める。 殴り合いでボロボロになった二人は、痛みの中で生きている実感を取り戻した気になった。以後、二人は、ときどき同様の殴り合いをするようになり、それを見ていた酔っ払いが殴りあいに参加し始め、やがて駐車場での殴り合いは毎晩のように行われるようになる。そのうち、場所を地下室に移し、大勢の男達が集まる1対1の「ファイト(喧嘩)」を行う秘密の集まりへと変わっていった。タイラーは、これをファイト・クラブと呼び、全員が公平に殴り合いに参加するためのルールを作っていった。「ファイト・クラブ  ルールその1、ファイト・クラブのことを決して口外するな」

ファイト・クラブ (映画) - Wikipedia

 

もう説明する事ない映画ですね。ストーリーも面白い、何よりブラッド・ピットはマジでカッコイイ。オーシャンズ11よりもこっちの方が断然カッコイイ!

 

11位 ディナーラッシュ

ニューヨークの四つ星イタリアレストラン。天才料理人ウードの芸術的な料理が人気を博し、連日各界の著名人が訪れていた。しかし、レストラン創業者の父ルイスは、伝統的な家庭料理店として作り上げたこの店を、まるで違うお洒落なイタリアンへと変貌させた息子を良く思っておらず、経営権も譲らないままだった。また、従業員のギャンブルが原因となりルイスの古くからの親友がマフィアに暗殺されたことで、すっかり気が滅入っていた。そして平日のある夜。この日も厨房・フロアが慌ただしく交錯する「ディナーラッシュ」の時間が訪れ、個性豊かな店員・客たちはそれぞれの生き様を垣間見せていた。そんな中、暗殺犯であるマフィア二人が客として店に訪れ、ルイスにある交渉を持ち掛けてくる。そして閉店間際、ある事件が起きる。

ディナーラッシュ - Wikipedia

 

同時進行で色々な物語というか、それぞれの人生が進んでいく。昔飲食店でバイトしたことあるけど、暇な店だったから厨房こんなんじゃなかったなあ。

料理美味しそう。え?なにがカッコイイかって?うーん。雰囲気(笑)

 

10位 鮫肌男と桃尻女

叔父が経営するホテルで働くトシコは、偏執的な叔父に嫌気がさして、遂にホテルを飛び出す。そんな彼女の前に、組織の金を持ち逃げして、ヤクザから追われていた男・鮫肌に出会う。鮫肌に惹かれたトシコは、彼と共にあてのない逃避行に出る。

鮫肌男と桃尻女 - Wikipedia

 

若い頃先輩が酔ったら必ずこれを見せられてた(笑)なのでもう何回見たのかもわかんない。そしてこの作品の鶴見慎吾のかっこよさをひたすら叩き込まれた。

いや、実際めちゃくちゃカッコイイんですけどね?(洗脳済)

 

9位 ドラッグストア・カウボーイ

1970年代のオレゴン州ポートランド。麻薬に溺れたボブ(マット・ディロン)とダイアン(ケリー・リンチ)の2人は、仲間のリック(ジェームズ・レグロス)、ナディーン(ヘザー・グラハム)と共に麻薬を得るためにドラッグストアを襲ってはドラッグを楽しむ日常を送っていた。しかし上手くいっていた生活も徐々に狂い、ついには仲間のナディーンが麻薬中毒死する。

ドラッグストア・カウボーイ - Wikipedia

 

犬の話をしてはいけない。帽子はベッドにのせちゃいけない。犬を多頭飼いしているラックには鬼のようなルール(笑)トレインスポッティングよりもこっちの方が個人的には好きですね。とにかくファッションがカッコイイ。

 

8位 我が人生最悪の時

 

濱マイク3部作の1作目。永瀬正敏ってカッコイイ。

ドラマ版も好きだけど今回は映画ランキングなのでこちら。基本的に探偵ものって好きなんですよね。最近だと「探偵はBARにいる」もかなり好き。でも大泉洋だからかカッコイイランキングには入らない(笑)

うーん。1度でいいから言ってみたい。

「困ったときはいつでも来なよ」

 

7位 バッファロー'66

5年の刑期を終え、刑務所から釈放されたビリー・ブラウンは、ニューヨーク州バッファローの実家に戻ろうとするが、長年の溝がある両親には電話で刑務所にいたことは話しておらず、電話で「政府の仕事で遠くまで行っていた」と偽る。さらに勢いで「フィアンセを連れて帰る」と嘘を並べてしまう。 フィアンセどころかガールフレンドもいないビリーは、トイレを借りた建物の中のダンス教室でレッスン中だった少女レイラを拉致し、自分の妻のふりをするよう脅迫する。そしてビリーには実家に戻るだけでなく、バッファローでの真の目的もあった。

バッファロー'66 - Wikipedia

 

この後のランキングでも出演作があるんだけど、ヴィンセント・ギャロが好き。当時は「アダムス・ファミリー」のウェンズデーだと思っていたクリスティーナ・リッチがこんな感じの成長をしてる事に興奮・・・じゃなくて驚いた(笑)

 

6位 ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ

悪仲間の四人組は、10万ポンドを用意してハチェット・ハリーに対して賭けを挑むも、ハリーのイカサマによって50万ポンドの借金を負うことに。途方にくれる四人組だったが、そのうちの一人エディは、隣人が大麻の売人を襲撃する計画を練っていることを知り、それを利用しようとする。

ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ - Wikipedia

 

テンポ良い展開に入り乱れ具合。

音楽とファッションのかっこよさは文句なし!

ラックの中のロンドンはこんなとこ(笑)

 

5位 バンディッツ

刑務所内で知り合い、バンディッツというバンドを組むことになった女囚のエマ、ルナ、エンジェル、マリーは、警察のパーティーで演奏する事になったが、直前に脱走のチャンスを掴み、そのまま逃亡する。 ドイツ内を転々とする最中、偶然カーラジオから聞こえてきたのは、刑務所内からレコード会社に送った自分たちの楽曲だった。マスコミの取材、レコード会社へ逃走資金の要求、酒場での演奏と派手な行跡の結果、シュワルツ捜査官に追い詰められるものの、酒場に居合わせたウェストを人質を取り、再び逃走する。国外逃亡まで地下に潜ることにした4人だったが、売り出されたアルバムの人気はとどまるところを知らず、彼女たちの免罪を嘆願する声まで上がり始める。出航まで残り3日を切り、順調に進んでるように思えた逃亡生活は、目前に迫った警察により急転していく。

バンディッツ (1997年の映画) - Wikipedia 

 

題名だけだとブルース・ウィリスの「バンディッツ」を思い浮かべる人が多いかも?

この作品は女性4人が脱獄して逃亡しながらバンドする映画。凄いはまっちゃって普段はDVDとかは買わないんだけど、思わず買ってしまったくらい。

見て損はしないと思うんだけどどうかな~。

 

4位 フェイク

FBI潜入捜査官ジョー・ピストーネは、かねてから連邦捜査局よりマークされていたマフィアの一員である“レフティー”ベンジャミン・ルッジェーロとの接触の機会をついに得る。 宝飾品鑑定の腕をレフティーに見込まれた事をきっかけに、彼は“ドニー・ブラスコ”と偽名を名乗り身分秘匿捜査に入り、レフティーはもとより、その取り巻きたるグループとも親密な関係を築き始める。彼らとマフィアの一員として活動する中で、末端から組織の中核に至るまでの全容を解明しつつ、潜入捜査は淡々と成果を挙げていく。連邦捜査局のバックアップにより、ドニーはグループ内で功績を示し始める。 そして、それまで自分のボスとしてきたレフティーを差し置いて存在感を放つようになり、身内のグループ抗争に勝利して新鋭の勢いを手にし始め、グループのリーダーであるソニー・ブラックにもその手腕を見込まれるまでになってゆく。数々の行動を共にし、私情を持つまでの交友を築いてしまったレフティーに対し、ドニーは潜入捜査官という真実と一人のマフィアという偽りの狭間で苦悩するようになる。 そして、運命の時が訪れる。

フェイク (映画) - Wikipedia

 

アルパチーノ×ジョニー・デップなんて反則だと思う。カッコイイし泣ける、めちゃくちゃ良い映画。ジョニー・デップはこういう役の方が絶対いいと思う。ウィリー・ウォンカとかマジヤダ(笑)

 

3位 ユージュアル・サスペクツ

カリフォルニア州のサンペドロ港に停泊していた船が爆発・炎上して、銃殺体を含む多数の遺体が見つかる。船は実はマフィアの麻薬密輸船であり、船の炎上と多数の死者は、マフィアと対立組織の抗争によるものと思われた。関税局捜査官クイヤンは、その事件で一人だけ無傷で生き残った、左側の手足に麻痺があると思われる動作をするヴァーバル・キントを尋問する。詐欺罪で刑務所に入れられたことがあったキントは、事件が起こるまでの一連の過程を語り始める。

ユージュアル・サスペクツ - Wikipedia

 

今まで見た映画の中で1番終わり方がカッコイイと思っている映画。多分そう思ってる人も多いはず!?

見たことない方は何も説明しないのでとりあえず見て(笑)この映画は前情報なしで見るのが1番なので!

 

2位 気まぐれな狂気

長い刑務所暮らしを終えたチンピラのレイモンドは、恋人のアディと共に人生をやり直そうとするが、なかなか上手くはいかない。ついに嫌気がさした彼は、刑務所で知り合ったカーティスとマーカス、そしてアディを誘って、ディーラーの元からドラッグを盗み出す計画を立てるのだった。しかし、計画の実行当日に予想外の事態が発生する。なんと留守だと思っていたディーラーがそこにいたのだ。動揺する一同、するとカーティスがディーラーと取引相手を射殺してしまう。しかも死んだ取引相手を調べると、隠しマイクとカメラを身に付けた潜入捜査官だということが判明する。これにより、麻薬を持って国外に逃亡するしかなくなった一同は、たまたま草原にピクニックに来ていたカップルを人質にとり、メキシコへと向かうのだった。

気まぐれな狂気 - Wikipedia

 

24 -TWENTY FOUR-で有名なジャック・バウアー ・・・じゃなくてキーファー・サザーランド の初監督作品。ヴィンセント・ギャロが主演。

自分の中ではキーファー・サザーランド はこのイメージなので、ジャック・バウアーとか全然しっくりこない。この作品だと衝動的に行動しちゃうチンピラを演じてるんだけど、まあカッコイイ。見てない人には意味不明だろうけどコイン投げたくなる!

ちなみにビデオ版を持ってる。でもビデオデッキない。もう再生できないのにいまだに捨てられず大事に保管してる一品になっております(笑)

 

1位 ゴッド・ファーザー

 

説明不要。男なら1度は見る。

 

---------------------------------------------

ランキングはここで終わり。

後は番外編という事で随時更新予定。

最後に改めて映画ランキング貼っときます。

 

www.luck-lifestyle.com

 

www.luck-lifestyle.com

 

www.luck-lifestyle.com

 

www.luck-lifestyle.com

 

ではでは、おしまい!

 

プライバシーポリシー